音楽は心の対話を与えてくれる。

 

文化、価値、言葉、風土、人種が違えど僕たちは音を通して心の深い所で通じ合う事が出来ます。

問いに対しての明確な解はないのかもしれない。けれど音楽を共に創り上げて行く中で起こる共感共有の気持ち。

このプロセスが、プロセスに含まれる「心の対話」が今の世界に非常に重要な要素の一つになりうるのではないかと思うのです。

相手を知り、受け入れること。多様性に生きる個性を尊重すること。

 

道端に咲く一輪の花にきれいだなと思う気持ち、家族を思う気持ち、大切なものを失った時の気持ち、

これらは世界の全ての人が共通して持っているものです。そして音楽を聴いて、奏でて湧き起る気持ちも。

 

僕は音楽を共演することよって共鳴する「心の対話」を世界中の人と持ち

その大切さを発信したいと思っています。

 

それが僕の夢です。

DREAM